イノベーション推進機構 産学連携・URA領域

九州工業大学の研究者 -私たちはこんな研究をしています-

工学研究院

教授

森 直樹

もり なおき

所属
工学研究院
機械知能工学研究系
プロフィール
1960
生まれ
2014
博士(情報工学) 九州工業大学 

プラスチック金型の設計、製作、成形加工に長年携わってきました。その過程において、材料を複合化するプロセスを工夫することでこれまで実現しなかった物性や製品を具体化することが出来ました。これが研究に関わるきっかけになりました。金属やプラスチックを成形する金型技術を中心に据えて研究を進めています。

より詳しい研究者情報へ

流す、固める、形にするプロセスを見直す

● 研究テーマ

  • 生産工学 プラスチック成形加工 切削工具 成形金型の設計 複合材料 機械要素(ねじ、他) ものつくり教育 ものつくりに関する知的財産 技術経営 

● 分野

生産工学 プラスチック成形加工 複合材料

● キーワード

生産工学 機械工作 マイクロ成形 プラスチック成形加工 複合材料 CFRP 微細加工、成形

● 実施中の研究概要

射出成形における樹脂流動プロセスの高度化、プラスチック成形品の高機能化、微細加工に於ける諸問題の解決、マイクロナノ成形金型の設計法の最適化、技術移転及び知的財産の活用について、産学連携を活用した研究促進も手がけています。

● 今後進めたい研究

医療機器に用いるマイクロ成形に関すること、切削工具の開発、ねじの緩み止めメカニズムの解明、ロウ付け工具の研究

● 特徴ある実験機器、設備

樹脂の流動制御が可能な成形設備

●過去の共同研究、受託研究、産業界への技術移転などの実績

共同研究
①アクチュエータの研究(2015)
②機械要素、螺子の研究(2017)

● 過去の業績

(論文)Physical properties improvement of high aspect ratio plastic-molding parts Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan
(論文)The influence capitalize of properties improvement for reinforced plastics by resin flow control molding method International Journal of Automation Technology
(論文)Improving the properties of reinforced plastics using the resin flow control method of molding - Evaluation of sealing performance of molded plastic parts International Journal of Automation Technology
(論文)四角錐台加工による5軸制御加工機の工作精度評価 : 四角両角錐台加工による揺動軸幾何偏差評価 日本機械学会九州支部講演論文集

● 関連するURL

http://www.mech.kyutech.ac.jp/labo/seisan.html